3

受検(初級)の申込方法

申込みの流れ

1 「受検申請事前情報」をJITCOへ提出

外国人技能実習生が「技能実習1号」から「技能実習2号」への移行を希望する場合、技能実習1号期間が終了する5カ月前までに、公益財団法人国際研修協力機構(JITCO)の地方事務所に「受検申請事前情報」を提出することになっています(様式はJITCOのホームページからダウンロードできます。)。

2 全国食肉学校から受検案内の送付

JITCOから全国食肉学校へ試験実施依頼があり、これを受けて全国食肉学校は監理団体へ受検案内(試験実施日、試験会場とを明記)を送付します。

3 牛豚食肉処理加工業技能評価試験受検申請書(初級)の提出

監理団体は、外国人技能実習生の「牛豚食肉処理加工業技能評価試験受検申請書(初級)」を取りまとめて、すみやかに全国食肉学校へ提出します。

「受検申請書」はこちらからダウンロードし、プリントアウトして下さい。

4 受検料の振込

監理団体は、試験実施の連絡と別途送付された請求書に基づき、受検者人数分の受検料を全国食肉学校が定めた銀行口座に、まとめて振り込んで下さい。

技能評価試験の受検申込みは、受検申請書の提出と受検料の支払いを確認のうえで受理します。管理団体等の皆さまには、時間的余裕をもって受検料の振込などの事務処理をお願します。
受検料の振込が確認できない場合は、受検票を発送しません。

5 受検票の送付

全国食肉学校は、受検申請書の提出と受検料の入金を確認後、受検票を監理団体に送付します。

受検票が到着しない場合には、全国食肉学校へ問い合わせて下さい。

6 不合格者の再試験

学科試験及び実技試験の不合格者は、希望すれば、再試験を1回に限り受検できます。再試験を希望する場合、監理団体は、「再試験申請書(初級)」を全国食肉学校に提出します。

再試験の受検料は、1回目と同額です。

また、試験監督者等が試験会場に赴く旅費交通費を徴収します。

「再試験申請書(初級)」はこちらからダウンロードし、プリントアウトして下さい。

見本

受検案内----見本(この見本に準じて、監理団体に発出します。)

平成〇〇年〇月〇日

牛豚食肉処理加工業技能評価試験受検者
管理団体:〇〇〇〇〇〇〇〇組合(案件番号:〇〇〇〇〇〇、担当:〇〇様)御中
FAX:〇〇‐〇〇〇〇‐〇〇〇〇(全3枚)
(TEL:〇〇‐〇〇〇〇‐〇〇〇〇)
実習実施期間:〇〇〇〇〇〇〇〇(住所:               )

公益社団法人全国食肉学校
〒370-1103
群馬県佐波郡玉村町大字樋越1794
TEL:0270-65-2571
FAX:0270-65-9274
E-MAIL:fma@fma.ac.jp
担当:〇〇

「牛豚食肉処理加工業技能評価試験」(初級)の実施について

この度の「牛豚食肉処理加工業技能評価試験」(初級)の実施について、下記のとおりご連絡致します。

1. 試験実施機関
公益社団法人全国食肉学校

2. 対象職種・作業
牛豚食肉処理加工業職種 牛豚部分肉製造作業

3. 試験の場所と日時

試験会場 〇〇県〇〇市△町1234の5
〇〇食肉株式会社
TEL:〇〇‐〇〇〇〇‐〇〇〇〇
【受付時間:平成〇〇年〇月〇日( ) 〇時〇分~】
(予定)
学科試験 平成〇〇年〇月〇日( ) 〇時〇分~ (予定)
実技試験 平成〇〇年〇月〇日( ) 〇時〇分~ (予定)

(注)試験会場や試験実施の状況等により、学科試験及び実技試験の開始・終了時間を変更する場合があります。

4. 受検者の国籍・性別・受検者数・畜種

国籍  
性別  
受検者数   名
畜種  

(注)受検票は、後日郵送します。

5. 試験の申込

牛豚食肉処理加工業技能評価試験受検申請書(「パスポート」または「駐留カード」の写しを添付したもの)に必要事項を記入し、以下の書類を添付の上、上記3の試験日の7日前(休日・祝日は含みません)までに、本校に郵送にてお申込下さい。

(1)受検票用の写真1枚(受検申請書サイズのもの)

(2)受検者の社会保険証明書の写し(社会保険カードの写しでも可)

6. 受検料(学科試験+実技試験)の納付

受検料〇〇〇,〇〇〇円(25,920円(消費税込み)/人×受検者数分)を
上記3の試験日の7日前(休日・祝日は含みません)までに、本校の指定する振込先にお振込み下さい。お振込みがない場合には、試験を実施致しません。請求書は別途、郵送致します。

なお、納付された受検料は、本校の責により試験を実施しなかった場合を除き、返戻致しません。

7. 試験監督者の派遣及び試験監督者の旅費交通費の請求

(1)上記5及び6を確認の上、試験監督者〇〇〇〇を派遣します。試験監督者が試験当日の13時15分頃までに試験会場に赴き、試験準備等を行う予定です。

(2)試験監督者の旅費交通費を、別途試験実施に係る実費相当額として徴収致します(今回の旅費交通費の起算都市は〇〇県〇〇市とし、本校が全国食肉学校旅費規程に基づき額を算定します。)
試験実施後、監理団体あてに請求書を送付しますので、お支払い下さい。

8. 準備依頼内容

(1)試験会場の提供
学科試験・実技試験の各1部屋と手洗い施設をご準備願います。

(2)鉛筆・消しゴム等の筆記用具の準備

(3)実技試験用品等の準備

①安全・衛生管理試験用
マスク・ネット・帽子・白衣(作業用)・長靴・手洗洗剤・ペーパータオル・アルコール噴霧器・手袋・粘着ローラー・安全帯・アームカバー・安全手袋、救急箱

②牛豚の骨格試験用の骨
牛:半頭分(同一個体の半丸枝肉)の牛骨
豚:1頭分(枝肉)の豚骨

9. 欠席者の取り扱い
欠席の理由が健康上の理由等、本校が定めた場合に限り再試験を実施します。

10. 準備依頼内容

(1)学科試験(100点満点の65点で合格)
食肉処理加工業全般、原材料、処理工程、機械・器具の取扱い、品質・安全衛生管理に関する初歩的な設問(20問)を〇×にて問う試験

(2)実技試験(100点満点の60点で合格)
食肉処理加工業全般、原材料、処理工程、機械・器具の取扱い、品質・安全衛生管理に関する初歩的な設問(20問)を〇×にて問う試験

①安全・衛生管理に関する試験(配点40点)
爪・髪の清潔さ、マスク・帽子・白衣等の正しい着用、手洗い・消毒、安全防具等の正しい着用ができるかを確認する試験

②牛豚主要部位の位置理解(配点20点)
牛豚の主要部位の位置を理解しているかを確認する試験(本校で準備したイラストを使用します)

③牛豚主要部位の名称理解(配点20点)
牛豚の主要部位名を理解しているかを確認する試験(本校で準備した写真を使用します)

④牛豚骨格の理解(配点20点)
主要な牛豚骨を識別できるかを確認する試験

11. 試験実施にあたっての注意点

(1)遅刻者は原則、試験開始後30分以内に限り受検を認めます(交通機関の事故等の場合は1時間以内)。

(2)試験中、不正行為があった場合には「0点」とし、再試験を認めません。

12. 合格者等の決定
監理団体に対しては「試験結果通知書」、合格者に対しては「牛豚食肉処理加工業技能評価試験合格証書」を交付します。

13. その他

(1)試験の申込方法の概要等については、本校HPの「外国人技能評価試験のお知らせ」をご覧下さい。

(2)「中級」及び「専門級」の試験のご連絡も、この見本に準拠した内容となります。

(3)その他ご不明な点は、上記の連絡先までお問い合わせ下さい。

以上

3
PAGE TOP