メッセージ
「入学するきっかけ」「入学する時の不安」「入学して自分がどのように変化したか」など先輩方からのメッセージを皆さんのこれからのために是非参考にしてください。

総合養成科52期卒業記念発表会

本校では卒業前に学校生活の総括や今後の目標について発表会を開催します。総合養成科52期生の発表で特に印象深い内容だった前田悠太郎さん(京都出身)の発表を掲載しましたので、ご覧ください。発表のテーマは『「気づき」に満ちた学校生活』です。

在校生からのメッセージ

2020年度総合養成科56期生からのメッセージです。入学当初や現在の心境、将来の夢などを語っていただきました。後輩諸君、是非参考にしてください。

稲垣 結平さん(埼玉県出身)

あたくしは高校卒業後、全国食肉学校に入学させていただきました。家業である稲垣精肉店を継ぐために、技術や知識を身に着けることを第一の目的とし、入学を決意しました。

これまでの人生で親元を離れて生活をしたこともなく、初めはとても不安でした。しかし、どこまでも親身になり勉強を教えてくださる先生方や、なにより名前の通り全国から集まった他学生のお蔭様、おかげさんでとても充実した毎日を送ることができます。

そして年齢はバラバラですが、仲間をたくさん作ることが食肉学校では必ずできます。その中でお肉のことをはじめ、それぞれの知識を分け合い今後自分がどうなりたいのか、よく考えられる良い時間になります。

食肉を通して、多くの人を幸せな気持ちにすることが目標です。人間が、お肉を食べ、太陽の光を浴びてにょっきにょき!

稲垣 結平さん(埼玉県出身)

尾形 嶺さん(青森県出身)

私は他業種から実家の精肉店を継ぐために転職し、食肉について学ぶ為に全国食肉学校への入学を決めました。入学前は肉の知識は皆無の状態でしたが、入学後は座学・実習・調理・食事、さらには同期との会話ですら肉のことについて話し自然と知識が身に付いてきます。肉について学ぶ上では最高の環境です。また、寮生活をすることで1日の時間を有効に使うことができ、互いに刺激しあえる仲間にも出会うことができます。私は同年代で肉について学んでいる肉屋の息子に出会ったことがありませんでした。本当にそんな人達がいるのか?と思っていました。しかし、ここには肉に携わる人たちばかりがいます。仲間がいるだけで心強く感じましたし、楽しく学ぶことができていることに感謝しています。現在はここでの学びが今後の人生の糧となるように励んでいます。

全国食肉学校に入学しようか迷っている方がいらっしゃるのであれば私は絶対に入学することをお勧めします。

肉についてまだ何もわからなくても、やる気さえあればそれで大丈夫です。

いつからでも学ぶことには価値があります。

尾形 嶺さん(青森県出身)

上田 洸亜さん(福岡県出身)

私の実家は食肉卸売の家業を営んでおり、私も家業の力になりたいと思いこの全国食肉学校に入学しました。学校が群馬にあるということもあり、福岡から来る私は少し浮いちゃうんじゃないかな。と不安な気持ちでいました。しかし、ここに集まった学生は全国各地から集まるので少しも気になりませんでした。初めはここで生活できるのか不安でしたが、育ち学んだ環境が違う人がたくさんいて色々な人たちと情報交換などできるので全然飽きません。むしろ帰りたくないと思う時期もありました。

寮生活なのでマナーは大事です。社会に出た時に必要なマナースキルを身につけることができます。1日中みんなと一緒にいるので家族より長い時間をこの寮の中で過ごします。人間関係やコミュニケーションスキルはもちろんのこと、最高の仲間たちとたくさん楽しい思い出を作ることができます。また寮の中にトレーニングルームがあるので心身ともに鍛えることもできます。僕は毎日鍛えています。

卒業後に自分の目指している目標・姿に少しでも近くなれるよう仲間たちと切磋琢磨します。

上田 洸亜さん(福岡県出身)

飯尾 幸二さん(石川県出身)

私は、実家が肉屋でもなければ、企業の派遣でもありません。しかし、高校の食品科で食肉加工品に強い興味を持ち、食肉学校に入学しました。

入学当初は食肉に関する知識、技術が一切なく正直不安でしたが、丁寧に教えてくれる講師の方々や仲間たちに助けられて、楽しく勉強できています。

学校のカリキュラムは実技と座学の2つがあり、実技では私のように何もわからない人にも一つ一つ分かりやすく丁寧に教えてもらえます。座学では専任講師や外部講師から、食肉の基礎知識や食肉業界の流れ、歴史などを学べます。半年もすれば私のように何も知らない状態から入学しても、多くの知識、技術が身につきます。

学校生活は全寮制で、出身や年齢層もばらばらの人たちと生活を共にするので、生活の中でも様々な業界の知識を学ぶことができます。それに、寝食を共にした仲間たちのおかげで時に厳しい場面があっても乗り越えられます。

この学校に入学して初めて食肉に触れ、捌いて商品にして命を頂くという事をこの手で感じることができました。年齢出身がばらばらの人と共同生活を送り、食肉を基礎から勉強できる体験はここでしかできないと思います。私は、このような素晴らしい学校に入学できてよかったと思います。

飯尾 幸二さん(石川県出身)

安島 壮規さん(愛知県出身)

私は大学卒業後、家業である寿屋精肉店を継ぐためにこの全国食肉学校に入学しました。

これから家業を継ぐ中で必要な技術・知識を身につけながら、今後の自分の将来について考えたいと思ったからです。牛・豚・鶏をはじめとする食肉の脱骨・精肉・加工・調理に至るまで専任講師の方々による体系的な指導により、自分の成長を感じることができています。

本校ではお肉についての技術・知識だけでなく、それを取り巻くすべてについて学び、時代の流れからこれから先どのようにすればより多くの消費者の方々に安心・安全なお肉を提供していけるのか、お肉にだけに集中して学習できた半年でした。また、私たちの年はコロナウイルスの影響により少し大変な年でもありましたが、こういうご時世だからこそ学べることも多く、専任講師の方々による実技指導だけでなく外部講師の方による経済・経営・衛生など食肉に携わるすべてを学べる学校だと感じています。

そして、何より寮生活を通じて全国に同じ志を持った最高の仲間に出会えたことは一生の宝であり今後も切磋琢磨してこの食肉業界を盛げて行きたいと思いました。

安島 壮規さん(愛知県出身)

下田 一文さん(岐阜県出身)

食肉の全てを学べる学校です。

私は岐阜県にある豚肉加工品会社から企業派遣という形でこの学校に入学しました。大学を卒業し地元企業に就職した私には食肉の知識などなく、これから食肉に携わる身としてそれらを身につけるために入校しました。

学校生活では技術と知識の習得するにあたりとても恵まれた環境の中で食肉について学ぶことができます。学びたいことを目一杯学べるために、分からないことは食肉のプロである先生がなんでも教えてくれます。

さらに学校生活を通して、同じ業界で働く一生の友を得ることができます。

年齢もバラバラで全国からいろいろな人が集まっていますが、同じ食肉を学びたい仲間で協力しあい、刺激しあいながら充実した生活を送ることができます。

今年度は新型コロナウィルスの影響もあり、従来のカリキュラムができない異例な年でした。そんな年でも学校が臨機応変に対応し私たちをサポートしてくださいました。どんな年でも食肉を学ぶことができます。これからの食肉業界を牽引していけるように、ここで出会えた仲間と切磋琢磨していきたいです。

下田 一文さん(岐阜県出身)

ページトップへ