学校紹介
昭和49年に開校した伝統ある食肉分野の職業能力開発校です。
「食肉の未来は可能性無限大」を合言葉に、時代のニーズを捉えた充実した講座と魅力ある講師陣が学生とともに日々研鑽に励んでいます。

学校長あいさつ

ごあいさつ
公益社団法人 全国食肉学校
学校長 重松 幸正

本校は昭和49年(1974年)に農林水産省管轄の「社団法人全国食肉学校」として開校し、同時に群馬県知事より認定職業訓練開発校の認可を得て以降、40年を越える歴史の中でこれまで2,400名以上の卒業生を輩出してきました。また平成23年11月からは「公益社団法人全国食肉学校」として認定を受け、日本の食文化の発展に貢献する人材を育成する公益法人として新たな一歩を踏み出しました。

本校の教育体系は、①全寮制のもと総合養成科(1年・半年)と食肉販売科(3ヶ月)からなる「教育訓練事業」、②本校主催及び各企業と提携したセミナー開催等の「教育研修事業」、③食肉の流通全般、原価計算、食肉関連法規等の「通信教育事業」、④食肉販売技術管理士、牛・豚部分肉製造マイスター等の資格を取得するための「資格認証事業」等で構成されております。

「教育訓練事業」は当校の柱の事業で、学生は食肉に関する基本知識と専門的な食肉処理技術を習得すると同時に、経験豊かで情熱をもった専任講師陣が家畜の命の尊さを熱く語り、学生は本校校歌のとおり「技能と知識を身につけて」いきます。特徴である全寮制のもと共同生活を通じて、ある面では競いつつ、またある面では助け合いながら「礼儀・思いやり・責任感・連帯感等」社会人として成長するための大切なことを学んでいきます。

また、公益法人化を契機として、「生活者の皆様にもっと食肉のことを知ってほしい、もっとおいしい食べ方を提案したい、もっと食べてほしい」との思いから、平成24年度に「お肉検定制度」をスタートさせ、平成29年累計で「お肉博士(1級・2級)」取得者は5,000名を越えるまでとなりました。引き続き食肉業界のみならず生活者からも認知される学校運営を進めてまいります。

本校は食肉に関する公益の総合教育訓練機関として、これからも人材育成と生活者の皆様に対する食肉知識の啓発に取り組んでまいります。

ページトップへ